岩手県宮古市周辺で、住宅の新築からリフォーム工事・外構工事・設計・施工まで、中居建設におまかせください。

Category header beginner

About

中居建設の家づくり

基本構造

01耐震性

耐震等級3が標準仕様。 地震から家族の生命を守る家。

耐震等級とは、地震に対する家の強さを3段階であらわします。
中居建設では最高等級である「耐震等級3」を基準としております。
等級3は等級1で想定する地震の1.5倍に耐えられる強さであ ることを示します。

構造計算(許容応力度計算)

SW工法(スーパーウォール工法)を採用しています。全棟、プランの段階から構造計算(許容応力度計算)を行います。全ての梁・柱を検証し、家の骨格を安全にご提供しています。

構造計算とは

家の規模や階数にかかわらず、安全・強さを確認するために下記チェックポイントを、構造計算によって1つ1つ確かめます。

  • 鉛直荷重

    重さに耐えうるか?

  • 風荷重

    強風に耐えうるか?

  • 地震荷重

    地震に耐えうるか?

  • 層間荷重

    変形にどこまで
    耐えうるか?

  • 偏心率

    建物がねじれ
    やすくないか?

  • 剛性率

    強度のバランスは
    とれているか?

02高断熱・高気密

部屋間の温度差が少なく、一年を通して居心地のよい空間。

窓などの開口部や壁、床、天井をしっかりと断熱・気密施工した高断熱高気密住宅では、室内の温度差が少なくなり、一年を通して快適な温度の居住空間になります。
熱の出入りが少なくなるので、冷暖房の効きが良くなり、冬も夏も少しの冷暖房エネルギーで快適な暮らしが実現します。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)

ZEH(ゼロエネルギーとは)
建物の省エネ化+機器の高効率化により使用エネルギーを削減し、さらに太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる 住宅のことです。
また、HEMSや蓄電池を用いることで暮らしのエネルギーを最適に制御。余った電気は売電することができるため、プラス収支を実現することも可能。自宅で電気を作る ことが出来るため、万が一停電が発生しても電気を使うことが出来、災害の備えとしても安心です。

03ベタ基礎打ち

安定した床下温度を実現する基礎断熱工法

一般的には基礎は、外気温の影響を受けやすく、冬は基礎表面から床下内部へ冷気が伝わりやすいため湿気が溜まりやすく1階表面は寒く感じられます。
中居建設の基礎断熱は、地盤下から土台まで立ち上がっている基礎コンクリートの内部と外側を断熱材でサンドイッチする構造とし、冷気が伝わりにくい工法です。

お問い合わせ 無料相談会